過払いとは

「過払い」とは一般に給料や代金を払い過ぎる事をいいますが、特に最近では消費者金融やクレジット会社に返済し過ぎたお金の事を指しています。


法律には利息制限法というものがあり、お金を借りる時に生じる利息に上限を設けて、借りたお金が10万円未満の場合は年に20%、10万円から100万円未満の場合は年に18%、100万円以上の場合は年15%と利息の上限が法律で決められています。
利息制限法で定められている利息以上のお金は本来ならば支払う必要はありませんが、利息制限法という法律を知らないが為に過払いをしている人がいるのです。


数年前までは罰則規定がない利息制限法を採用している業者は少なく、罰則規定は厳しいものの利息の上限が29.9%である出資法を採用している場合が多かったのです。
2010年に改正賃金業法の完全施行がされるまでは、利息制限法と出資法の上限が違っていた為20%から29.2%の間で金利をそれぞれの貸金業者が設定していました。
その状態をグレーゾーン金利といいますが、現在は改正されて一律20%が金利の上限になっています。


消費者金融やクレジットカードを利用する人は多く、過払いは実は身近な問題です。
法律や難しい事は避けたいけれど自分が過払いをしているか気になるという人は、専門の機関で相談してみましょう。


特に長期間にわたりグレーゾーン金利での借金と返済を繰り返していた人は過払いになりやすく、現在の状況を知らないと損をしてしまう場合がありますので調べてみる価値はあります。


[Recommend Site]
自分が過払いをしているか専門の機関で相談出来るサイトです・・・過払い 相談

Copyright © 2014 過払いの可能性 All Rights Reserved.